【栞に見る戦時下のニッポン展】

更新日:7月14日

期間:2022年7月7日(木)~8月31日(水) 中川運河しおりギャラリーでは、第八回企画展「栞に見る戦時下のニッポン展」を開催いたします。



先の大戦が終わりはや七十有余年、すでに多くの人が戦争を知らない時代となりました。戦時下においては経済、メディア、教育、宗教等のあらゆる分野において、国民を叱咤激励し戦争に駆り立てていく様々な標語(スローガン)が町中にあふれ、まさにプロパガンダ一色の様相となります。ひとたび戦争に突入すると社会がどのように一変するのか、今回の展示は、戦争を全く知らない世代にも教えてくれる貴重な資料になっています。「過去から何を学ぶか」今こそ、そのことが強く問われているのではないでしょうか。


例えば、「出すな山火事 愛林報国」、「防空!防火!一致協力」の標語が書かれた栞があります。それぞれ、青森の営林局と東京の北消防署が発行したものです。北消防署の栞の裏面には、小学生用の時間割表と「護れ大空 防げよ火災」の標語が記載されています。


小さな栞ですが、書かれている言葉によっては、とても重大な責任を背負っていたのだなと考えさせられました。





お問い合わせ・予約


ご来館の際は、お電話またはホームページ内のフォームからご予約ください。


担当:葛西(かっさい)

電話:052-361-5445(株式会社近藤印刷)

場所:愛知県名古屋市中川区石場町2丁目51

Web:https://www.canalbookmark.com/

開館:平日10:00-16:00 (土日・祝日休館)



企画・監修 しおりコレクター 豊嶋利雄氏

ブログ「しおり博覧会 Bookmark Exposition」https://ameblo.jp/bmc009/